BACK


 北牛のルーツは、明治時代に使役を目的として輸入された韓牛を基礎としてシンメンタール種や熊本褐毛種、再度の韓牛を交配しその中から皮膚・蹄・角・体端毛は黒く、他も部分は褐毛(四つ黒)の土佐独特の毛分けの牛を産み出しました。
 そして、昭和19年に褐毛和種(学術的には褐毛和種高知系、通称土佐褐毛和種)として登録されています。
 四国山地の中心嶺北地域では昭和40年代後半に嶺北畜産センターを設置し、その後嶺北和牛改良推進組合を結成して選抜強度を高め、優良母系牛群の造成を図り改良増殖に取り組んでいます。


産地上げて、優秀母牛群を育てています。


 由に運動する嶺北牛

 国三郎吉野川沿いの牧場での放牧風景

 耕田の棚田放牧場で草刈十字軍として活躍する嶺北牛

現場後代検定肥育

嶺北管内(大豊町、本山町、土佐町)での母牛群を確立する為に、計画交配をおこない産子牛の肥育を昭和56年から実施しています。嶺北畜産センターでは、肉用牛個体管理カードに基づき人工授精を行い、原種牛作りに大きな役割を果たしています。


千代力号の指定交配調査牛
28カ月令 格付A5
枝重量448kg ロース芯51平方cm
サシ4
JA本山町

[成績一覧]

[系統図]